初のJUMPコン参戦…Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR. 感想

先日JUMPくんのライブに行ってきました。

(先日といってもだらだら記事書いてたので割と前)

 

とってもありがたいことにお友達に同行させていただくことになりまして、、、!

DVDではいくつかのグループのコンサートを見てきましたが、嵐以外のジャニコンに行くのは初めて。しかも基本おじさんジャニーズ(貶してるわけではない)を追っかけている私にとって、若さ溢れるJUMPのコンサートに行くのはとても新鮮な体験でして(笑)

 

今回のアルバム『DEAR.』コンサート前に曲も聞いてPVも見たのだけれど、なんといってもPVがむちゃくちゃかっこよくて期待値がぐんぐん上がっておりました。

 

あとInvitationのカッコよさ半端なくないか!?!?って。

コンサートのOPって大事じゃないですか。OPでぐぐっと世界観に引きこまれて、これから起こることにワクワクさせられるあの感覚ってたまらないじゃないですか。CDで音を聞いただけでワクワクが止まらなかった。きっと最高のコンサートが見られるぞ…って。

 

ドキドキワクワクしながら、少し緊張しながら、いつもと違う団扇をちょっぴり照れくさい気持ちになりながら作って、当日を迎えました。

 

んで感想。簡潔に言うと

めちゃくちゃJUMP楽しいそして思ってた以上にJUMPすげえ!!!!!!やばい最高!!!!!

 

いや~本当に楽しかった。すごかった。JUMPすごいね、、、???

9人一人一人の魅力が見れた気がする。バラエティじゃ、音楽番組じゃ、見つけ出しきれないJUMPの魅力が見れた。これが現場の力、生の力か…恐ろしや…

そしてそれだけじゃなくて、JUMP本人たちの力も磨きがかかってきているんじゃないかな?いや、ずっとちゃんと見てきたわけじゃないからわからないけど、最近JUMPの勢いが上がっている理由を見れた気が、なんとなくした。

一人一人が自分を魅せる力をしっかり備えていているじゃないですか!?

9人という大人数の中みんなが前にグッとでてくる輝きを持ってる(立ち位置的な意味だけではなく)し、しかもそれがキラキラ可愛いだけじゃなくて、しっかり自分の大人な部分も魅せてきてそれがまた個性がしっかりあるのよ!!九人九色でみせてくる。

かっこいいのは知ってたよ!?今をときめくアイドルだもの。でも予想を余裕で越えたよね。特に普段可愛いイメージが強いメンバーもスイッチ入ればオスっけガンガン出してくるからもう大変。

それを最も強く感じたのは有岡くんかな…。有岡くんのイメージといえばやっぱりヒルナンデスとかの姿だから、コンサートであんなガンガンオスっけ魅せられるとわたくし困っちゃいました。

可愛いビジュアルには変わりないんだけど、しっかり男っぽくてしっかり色っぽい。何ていえばいいんだろうね?あの絶妙な配合(?)はあの人にしか出せない感ある。すごい。

あと、相葉くんに近しい黒さもってない?スキ。

 

9人みんな、最高の方向で大人の魅力を身に着けてきているよ…

 

あと衝撃を受けたのはなんといっても今世間を騒がせているあの伊野尾様ですよね…

歌い方も表情も仕草も、アンコールで着けてきたうさ耳風カチューシャも……なんというか「ああああむりきゃわいいときめくスキーーー!!!!」っていうんじゃなくて、「やばい………こいつやばい……(ゴクリ」っていって頭抱えるしかないあざとさなんだなぁ…可愛いんだよ?可愛いんだけど。”可愛い”じゃない。”可愛い”なんて日本語じゃ追いつかない。なんというかとにかく、やばい (急募:語彙力)。

あと肉眼で見えた時の、細い体と柔らかそうな白い肌、、、こいつもやばいんだ、、、(ちょ、私が変態みたいじゃないか、違うんだ、あれを初めて見たら誰もがそう思ってしまうさ。その肌を凝視してしまうさ。)

伊野尾くんオトコノヒトに襲われないようにね…と思わず心の中でつぶやいてしまいました…(小声

伊野尾旋風は止まらなそうだね。目が離せない。離さずにはいられないよ伊野尾くん。

 

これはコンサートで恋に落ちてしまう枠だと思ったのは薮。

むり好きいいいいい、、、ってなってしまった。

もともと薮は結構好きで気になっている存在ではあったのだけど、誰よりも客席を見て、一人一人にニッコニコのあったかい笑顔を投げかけている姿に、あーーこれはコンサートで恋に落ちてしまうやつや…と思いました。

と思ったら、イケイケ曲になった時の 薮様 感、、、。

ごめんなさいムリです好きです(お手上げ

 

そして圭人。

JUMPでは圭人が一番かなあ♡というスタンスでコンサートに向かったんですけど

なにこのきゃんわいい子

んんんん????MC中、エピソードをがんばって説明するも「…おれもうだめだぁ(泣」って力尽きるわ、次はちゃんと話せるように「れんしゅうするっっ!」て言い出すわ・・・

天然記念物だ(確信

守ろう…守っていかなくては…という謎の使命感にかられるような天然記念物的魅力(?)。

SNSでやたらひらがな使う女子いるじゃないですか。いや漢字使えよ変換しろよ!!!!って思っちゃう人間なんですが、そんな私でも彼の発言はALLひらがなでかきたくなっちゃう可愛さ。(伝われ

 

のくせキメるとこはめちゃくちゃかっこいいしな~~~(::)ムリ~~~~(::)

圭人の低音イケボでの「Shall we dance ?My honey」愛してやまない。

持ち前の英語力生かして、英語詞多めの曲とか曲間のパフォーマンスでは、圭人が全部いいとこもってってた。イケメンかよ、、、

 

JUMPって、最高にギャップが楽しいグループですね…

 

あと、惜しげもなく言う曲中のセリフ(しかもわりとギリギリなの多め)に思いっきりキャーーー!!!ってするの楽しかった…。考えてみれば、あまりない経験だった。

嵐とかね、そんなにないじゃん?今までは歌番組とかで若い子が言ってるのをちょっとどう見ていいかわからないというか見ててちょっと恥ずかしかったんですけど、え、超楽しいっすね(真顔

にしてもジャニーズそこまで言っていいのか…とくに伊野尾さんあなたね…いや、アウトだろ!!!笑

 

ユニット曲も非常に楽しい。

組み合わせによってちがう化学反応が起きるから一つのグループで何度も美味しい。

今回どのユニットも大好きなんだけど文字にして語りたいのは断然『My Girl』。

曲がかっこいいのはもちろんなんだけど、振りとそこに込められたストーリがたまらなくてね、これ、ジャニヲタが大好きなやつだぞ。(多分

一人の女の子を「彼女は俺のものだ」と言い合う二人が、向き合って歌い、すれ違い、シンメで踊る、、、そこに生まれる二人のストーリー、、、

たまらんわ。

どう?そこのジャニヲタさま、好きなやつでしょ?????

大ちゃんのオスっけもたまらない。

 

っとまあそんなこんなでめちゃくちゃ楽しかったJUMPコン。

魅せるに徹した曲、キラキラと可愛さを全面に出した曲、みんなで騒ぐ曲、男の色気を見せる曲、、、と、JUMPはこんなにバラエティに富んだ魅力を持ち合わせてきているんだと知れました。特に、私の中でずっと幼い若いイメージがどうしてもあったJUMPがいきなりぐぐっと男っぽさを身に着けてきているのにはドキドキせざるをえなかった。本文では触れてなかったけど、あの小さくてかわいかった知念くんもね、マスカレードのPV見て、いつの間にこんなに男っぽくなったの!!?って。

 

ほんとに楽しいコンサートで、ほんとにJUMP楽しくて、またコンサートきたいなぁってすぐに思ったけど、きっと簡単じゃないんだろうなぁ、贅沢言ってられないかなぁ、ともすぐ思いました。

どんどんチケットとるの難しくなるんじゃないかな…素直にコンサートがとても良かったからそう思います。

クソDDに片足(いや、もう半身くらいかしら。)つっこんでいるわたくしはおとなしく彼らの成長を見守りたいと思います…

 

王道アイドルをゆく姿がとても輝かしくて好きです。

 

また行けますように!