読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縦スクロールの雨の中

今年のお願いはそれにしよう。

6月17日・・・繊細な光を纏ったあなたへ

彼独特の視点で、考え方で、物事を見つめている二宮くん。

 

ひねくれているようで根本は真っ直ぐなような。

複雑なようで根っこにあるものはシンプルなような。

 

二宮くんの目には、この世界はどんな風に映ってるのか。
二宮くんの頭の中には、どんな世界が広がっているのか。
知りたくて追いかけて
でも何かひとつ見えた気がしても、次にもっと深い、見えない何かの存在を感じる。
 
一生知ることはできないことはわかってるけど、そうやって彼が見ている世界を見てみたいって追いかけてるうちに、私が知らなかった美しい世界に出会える。そして、彼の魅力に深く深く取り憑かれていく。
 
二宮くんのファンになっていなかったら、私が今見ている世界は違うものだったと思う。
ファンになってなかったらきっと知ることのできなかった感動・ときめきに、言葉にし難い心揺さぶられる感情に、そして美しいものたちに、私たちを繋げてくれる。
 
ありがとう。大好きです。
 
 
魅力が尽きない二宮くんに、どうしようもなく魅かれ続けてしまうんです。
 
その歌に、ダンスに、演技に、言葉に、仕草に、笑顔に。
その目の優しさに、哀しみに、色っぽさに、真っ直ぐさに。
冷めているように見せかけて、内に秘めている、高温で静かに燃える熱に。
天邪鬼の中に隠されたもの。
きっと並々ならぬ努力だってしてきたであろうその才能に。
 
 
遠くで輝いている、アイドルの二宮くんが好きなんです。
そして二宮和也という人間に、魅かれてしょうがないんです。
 
 
これからもずっと、ステージの上で輝いていてください。繊細な光を纏って。
アイドルとして、人として、輝きが過ぎる二宮くんに永遠の片思いをしていたい。していさせてください。
 
 
お誕生日おめでとうございます。
これからもついていきます。
 
二宮くんにとって幸せな一年になりますように。